INFORMATION / NEWS

【ニューギニア・インパチェンスが開花中です】

2020.1.17

カナダ村の温室、プリンセス・ローズハウスで、インパチェンス(アフリカホウセンカ)の仲間のニューギニア・インパチェンスが咲いています。
ニューギニア原産のツリフネソウ科の多年草で、高冷地に自生する原種をもとに育成された園芸品種です。
インパチェンスと比べて株や葉、花ともに大きく生育も旺盛でエキゾチックな印象です。他の植物との寄せ植えや庭植えなどでも楽しむことができます。
開花期は露地ですと、5-11月にかけてですが、こちらの温室では年明けから咲き始めました。
分岐した茎の上部の葉の付け根から花柄を伸ばし、花茎3-6㎝くらいの赤やピンクの花を付けています。
開花期が長く、これから次々に開花するということです。