INFORMATION / NEWS

【世界三大花木のひとつカエンボクの花が開花しています】

2021.2.14

カナダ村のプリンセス・ローズ・ハウスでは、今、「カエンボク」の花が咲いています。

カエンボクは熱帯アフリカ原産のノウゼンカズラ科の常緑高木でジャカランダやホウオウボクと並んで世界三大花木のひとつとされています。

樹高は20m以上にもなり、枝先に赤みがかかったオレンジ色のチューリップ状の花を付けるので、英名をアフリカン・チューリップ・ツリーとも言います。

熱帯や亜熱帯の地域では1年を通して花が咲くので、街路樹や庭園樹として利用されています。

こちらの温室では開花中の花が10個ほどあり、少しでも見やすいように枝を下へ誘引していますが、温室に入ったら、上を見上げてみてください。

燃え立つ炎のような華麗な花がみなさんを迎えてくれます。